The Clashのファンサイト --- Rehearsal  Rehearsals


Members
Biography
Discography
Lyrics
News
Shop
YouTube
Site Map
the clash

about The Clash

 The Clashは1970年代後半から80年代前半にかけて活躍したロックバンドである。メンバーはジョー・ストラマー(Joe Strummer/Vo,G)、 ミック・ジョーンズ(Mick Jones/G,Vo)、ポール・シモノン(Paul Simonon/B)、トッパー・ヒードン(Topper Headon/D)の4人。当初メンバーは ジョー、ミック、ポールに加え、キース・レビン(Keith Levene/G)、テリー・チャイムス(Terry Chimes/D)の5人だったが、キース・レビンは1976年9月のレコードデビュー前、 テリー・チャイムスは1977年3月のファースト・アルバム収録後にそれぞれ脱退した。1982年5月トッパーが、1983年9月にはミックが脱退しクラッシュは 事実上崩壊した。ジョーとポールは若手3人を加えクラッシュを継続したが、このサイトはミック脱退までをクラッシュの活動とみなしている。
 クラッシュはパンクムーブメントの流れに乗って頭角を現した。1978年に「白い暴動/White Riot」でレコードデビューして以来5年間にわたり活躍した。 Sex PistolsやThe Jamなど70年代に消滅してしまったパンクバンドが多い中、クラッシュが長い間活躍できたのは「Punk is attitude, not style」と宣言し、 いわゆるパンクミュージックには固執せず、レゲエ、ダブ、ロカビリー、ジャズ、スカなど幅広いジャンルを取入れたのが大きな要因である。 現在は当たり前のように聞くことが出来る、レゲエ、ラップ、ヒップホップなどはクラッシュが1980年代前半から取り入れたもので、後にこれらが大流行した 事実からしてクラッシュのメンバーに先見の明があったということだろう。
 パンクバンドでよく比較されるSex Pistolsは破壊的なイメージですべてを否定した。パンクの象徴といえばピストルズの方なのかもしれない。一方クラッシュは 政治的と言われることが多い。確かにクラッシュの歌には政治的なメッセージが込められた曲が多い。しかしクラッシュは「俺達が世界を変えてやる、ついて来い!」と いって活動していたわけではない。むしろ、「世の中こんなことになっちゃってるけど、何でか考えたことあるかい?」と言ってファンに「考える」ことを教えようとしていたのだ。
 日本は世界の中では裕福な国だと言われている一方で、住んでる場所は「ウサギ小屋」と言われている。なぜでしょう?あなたは考えたことがありますか?


What's New
News 更新(2011/8/29)
News 更新(2009/10/14)
The Clash in YouTube 開設(2009/8/27)
Discography 更新(2009/8/7)
Top 更新(2009/6/16)
News 更新(2008/11/9)
News 更新(2008/9/4)
News 更新(2008/4/20)
News 更新(2008/3/22)
News 更新(2008/2/13)
News 更新(2008/1/16)
リニューアルオープン(2007/1/10)

Contents
Members
 The Clashのメンバー紹介
Biography
 The Clashの歩み
Discography
 The Clashのアルバム紹介
Lyrics
 The Clashの曲の歌詞(一部和訳つき)
News
 The Clash関連の情報紹介
Shop
 The Clashの作品をamazonで購入できます
The Clash in YouTube
 The Clashの楽曲をYouTubeを使って紹介
Site Map
 当サイトのサイトマップです




















Copyright(C) 2003-2009 Rehearsal Rehearsals. All Right Reserved
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー